禁断の魔術 文庫 感想

探偵ガリレオシリーズ「禁断の魔術」(文庫本)を読みました。

ハードカバー版「禁断の魔術」の中に収録されている1編「猛射つ(うつ)」が長編化された作品が収められています。

感想を書くと、自分は結構楽しめました。

ハードカバー版「禁断の魔術」も読んでいるのですが、話の筋はうっすらと覚えている程度で、「このあとの展開、どうなるんだろう・・・!」てな感じで面白く読み進めていくことができました。

それでも、なんだろう、「容疑者Xの献身」とか「真夏の方程式」のようなズドーンとした読後感はなかったです。

もちろん、それなりに重さはありますが、ガリレオ作品の中では若干ライトな印象。

それは、かっこいい湯川先生を期待してしまっているからなのかも。