ドラマ、映像とは違う原作の世界へ 東野圭吾特集(楽天ブックス)

東野圭吾と村上春樹しか知らないっていうのはちょっともったいない気がするのです

紀伊國屋書店渋谷店が女性向けにしかけたフェア「本当は女子にこんな文庫を読んで欲しいのだ(本当は女子にこんな本を読んで欲しいのだ)」がネットでプチ炎上して急遽中止になったとか・・・

そのフェアのPOPには次のように書かれていたみたいです。

「文庫女子は悲しいかな、正直ラインナップがイマイチというか…。もっと女性に強くアピールできる本があるハズだ!と当店文庫チームが女子の意見を一切聞かずに勝手にセレクトしちゃいました。こんな文庫を呼んでいる女性がいたら好きになっちゃうよなという本ばかり選んでみました。東野圭吾と村上春樹しか知らないっていうのはちょっともったいない気がするのです」

http://netgeek.biz/archives/28248

文庫女子というのは、株式会社トーハンが出版社12社と連動して開催しているもの。

●出版社12社と連動し、第1回「文庫女子」フェア開催 – TOHAN website

http://www.tohan.jp/whatsnew/news/121/

でも、思うのですが、若手イケメン俳優とか、女子向けゲームに登場するようなホスト風硬派男子からのおすすめ・セレクトだったら喜んで受け入れちゃう女性もいるのではないだろうか・・・

紀伊國屋書店男子の顔がよくわからないので炎上したというのもあったのかも?

本好き男子って、悲しいかなちょっと暗いイメージもありますものね。
(たぶん)

でも実は会ってみたら頭がよくてルックスもOKな感じの男性たちだったりして!?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ