ドラマ、映像とは違う原作の世界へ 東野圭吾特集(楽天ブックス)

中国の若者に人気の日本作家

NHKクローズアップ現代+の「“火花”中国を行く ~又吉直樹が見た“90后”~」(2017年6月27日放送)を見ていたら、中国で人気の日本作家が4人紹介されていました。

●村上春樹さん
●渡辺淳一さん
●東野圭吾さん
●京極夏彦さん
の4人の作家。

読者の多くは若者、特に1990年以降生まれの90后(ジョウリンホウ)と呼ばれる、10代~20代の若い人たちだそうです。

番組内容の一部をこちらで見ることができますよ↓
“火花”中国を行く ~又吉直樹が見た“90后”~ – NHK クローズアップ現代+

人気の理由としては、
★作品が表す価値観が身近になっている
★先にドラマ・映画などの映像作品を見て、それから小説を手にする
といったことがあるようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ