ドラマ、映像とは違う原作の世界へ 東野圭吾特集(楽天ブックス)

東野圭吾 映画

東野圭吾さん作品から映画化されたものもいろいろとあります。

2012年1月現在で以下のものがあるようです。

秘密(1999年)
g@me.(2003年:原作『ゲームの名は誘拐』)
レイクサイド マーダーケース(2004年:原作『レイクサイド』)
変身(2005年)
手紙(2006年)
秘密 THE SECRET(2006年・仏映画:原作『秘密』)
容疑者Xの献身(2008年)
さまよう刃(2009年)
白夜行-白い闇を歩く(2009年・韓国映画:原作『白夜行』)
白夜行(2011年)
夜明けの街で(2011年)
麒麟の翼(2012年公開予定)

こうやって書いてみると、私自身は見ていないものが意外に多いことに気が付きました。
さまよう刃なんて絶対見に行きたいと思っていたのですが、行けず仕舞いに・・・
(今後DVDなどで見ると思います)

「手紙」は一人で観にいったのですが、不覚にも(?)劇場で涙してしまいましたよ。

容疑者Xの献身も福山雅治さん他の俳優陣(女優さんも含め)がかっこよくておすすめです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:東野圭吾 映画

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ