ドラマ、映像とは違う原作の世界へ 東野圭吾特集(楽天ブックス)

聖女の救済 セリフ

ある現実の事件についての顛末を報道で見ているとき、「僕は日本の警察は優秀だと思っている。甘く見ないほうがいい」といったセリフが頭の中に浮かんできました。

たしかガリレオだったよな・・・と思って、ドラマ版を見返してみたら、ありました。

真実を突き止めようとするのは科学者だけじゃない。
警察も同じだ。
僕は日本の警察は優秀だと思っている。
あの岸谷くんも、その組織に所属する一人だ。
あまり甘く見ないほうがいい。
君が犯した罪が解明される日は、いつか必ず来る。

[ドラマ ガリレオ第2シーズン 聖女の救済(後編)]

ほぼ立証が不可能と思われるやり方で犯罪を遂行した真柴綾音に向かって、湯川准教授がいう言葉です。

原作でも同じような感じで書かれていたんだったかな。

本は手放してしまって確認できず・・・

でも、ともかく、しびれるぜぃ。

”(*>ω<)o"クーーッ ドラマ ガリレオ 聖女の救済 後編

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:東野圭吾 ガリレオ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ